和文・欧文・デザイン書体のダウンロード販売ならFont Factory(フォントファクトリー)

新着情報

2017.12.25

【Monotype】Franklin(TM)ファミリー40書体、Avant Garde Gothic(R)ファミリー42書体追加

■ITC Franklin Gothic(TM)<アイティシー・フランクリンゴシック>
ニューヨーク市近代美術館の公式書体としても使用されているITC Franklin Gothic(TM)は、典型的なサンセルフ体の強さを感じられる書体です。

■ITC Avant Garde Gothic(R)<アイティシー・アヴァンギャルドゴシック>
1960年代後半、雑誌「アヴァンギャルド」のロゴとしてデザインされたITC Avant Garde Gothic(R)は現在も根強い人気を誇る書体の一つです。

この機会で是非ご確認ください!

2017.12.21

【Monotype】Burlingame(R)ファミリー72書体販売開始

■Burlingame(R)<バーリンゲーム>
限られたスペースでも見やすくクリアな状態で表示できるBurlingame(R)。強さと優美さを兼ね備えたフォルムは、多彩な場面での活用が期待されます。

是非この機会にご確認ください!

2017.12.20

【Monotype】Helvetica(R)ファミリーに39書体追加

■Helvetica(R)<ヘルベチカ>
『Helvetica』というタイトルのドキュメンタリーフィルムができてしまうほどの有名書体です。
しっかりした字形は、堅牢さと信頼感を演出してくれます。

さらに選択肢が広がったHelvetica(R)をぜひご確認ください!

2017.12.19

【Monotype】Frutiger(R)ファミリーに38書体、Palatino(R)ファミリーに10書体追加

■Frutiger(R)<フルティガー>
スイスのフォントデザイナー、アドリアン・フルティガーによってデザインされたサンセルフ書体、Frutiger(R)。
パリのシャルル・ド・ゴール国際空港の案内標識のために作成され、その優れた視認性から世界の様々な施設で採用されています。

■Palatino(R)<パラティノ>
ドイツのフォントデザイナー、ヘルマン・ツァップによってデザインされたセルフ書体、Palatino(R)。
伝統的なバランスを持ちながらも程よいメリハリがあるため、現代の本文組みに適しています。

さらに選択肢が広がったFrutiger(R)とPalatino(R)をぜひご確認ください!

2017.12.18

【Monotype】Optima(R)ファミリーに16書体、syntax(R)ファミリーに5書体追加

■Optima(R)<オプティマ>
ドイツのフォントデザイナー、ヘルマン・ツァップによってデザインされたサンセルフ書体です。
シンプルでありながら優美なフォルムが特徴で、高級感を演出してくれます。

■Syntax(R)<シンタックス>
わずかに右に傾いていることで、フォルムに動きがある書体です。

さらに選択肢が広がったOptima(R)とSyntax(R)をぜひご確認ください!

2017.12.15

【Monotype】Univers(R)ファミリーに71書体追加

■Univers(R)<ユニバース>
スイスのフォントデザイナー、アドリアン・フルティガーによってデザインされたサンセルフ書体、Univers(R)。
今回新たに71書体が追加されました!

さらに選択肢が広がったUnivers(R)をぜひご確認ください。

2017.12.11

【コーエーサインワークス】バサころ書体販売開始

コーエーサインワークスより
「バサころ書体」の販売開始を開始しました!

◼︎バサころ書体
かすれのあるゴロッとした筆文字で、温かみや親しみやすさを感じられるフォントです。

2017.12.06

【Monotype】Akko(R)ファミリーに48書体追加

■Akko(R)<アッコ>
欧文書体デザイナー小林 章氏が手掛けたAkko(R)。新たに48書体を追加し販売を開始しました!

今回追加されたのは、ほぼ全てのヨーロッパ言語に対応した”Paneuropean”と、狭いスペースでも使いやすい”Condensed”の各ウエイトです。

この機会にぜひAkko(R)シリーズをご確認ください!

2017.11.20

【ヒラギノフォント】ヒラギノ角ゴ ProNの新ウエイト販売開始

ヒラギノフォントよりヒラギノ角ゴ ProNの新ウエイトの販売開始を開始しました!

◼︎詳細はこちら

ヒラギノ角ゴシック体は、ヒラギノファミリーの一員としてヒラギノ明朝体とともに使用されることを想定し、クールでスマート・明るく癖のないベーシックな書体をコンセプトにデザインされています。
従来の「W3/W6」と合わせてW1からW6までの合計6ウエイトがそろうことになります。これにより、さまざまなレイアウトに対してより自由度の高い表現を行うことができるようになり、ヒラギノならではの美しく、読みやすい表現を広告・プロモーションなどに幅広く活用することが可能となりました。

2017.11.20

【スキルインフォメーションズ】年賀状向け書体半額キャンペーン開始

スキルインフォメーションズよりお得なキャンペーンのお知らせです。人気の筆文字を含む27書体が50%OFF!!
いつもと違う年賀状を作りたいという方にお勧めです!
2018年1月31日(水)までの期間限定ですのでこの機会をお見逃しなく!

■詳細はこちら!